ふかふかになって快適睡眠。ダウンのシュラフをコインランドリーで洗濯してきた

ぼくが持っているシュラフ(寝袋・スリーピングバッグともいう)は3つある。シチュエーションによって使い分けていて、2つはトレッキング用、1つは普通の旅用だ。

スーパーストレッチ ダウンハガー #2

かれこれ10年ぐらい前に買ったダウンのシュラフ。(快適睡眠温度:5度〜-10度)

DSC02177

スーパースパイラル バロウバッグ #1

6年ぐらい前に買った化繊のシュラフ(快適睡眠温度:10度〜-9度)

DSC02175

ダウン ブランケット

少し涼しい地方へ行くときにスーツケースに入れている、薄型で軽量ダウンブランケット。開けば掛け布団、閉じれば寝袋になる。開いて使うことが多いかな。8月のバリ島ウブドなんか夜は意外に涼しいから重宝する。

DSC02178

セールの時に買ったらぜんぶモンベル製になってしまった。モンベル製は使い勝手がよく考えられていて好き。

ダウンのシュラフの洗濯方法

ダウン製品は自宅で洗濯できる。

洗剤はダウン専用を使うのがベターで、家庭用中性洗剤はダウンの天然油分を奪って保温性を低下すると言われている。その通りではあるが、一般的な液体中性洗剤をやや薄めに使えば良いとさるメーカーのメンテナンス筋から聞いた。粉石鹸はダウンの目が詰まって保温性能が低下するから、使うのは必ず液体洗剤。

で、ぼくは自宅で洗濯するのはおっくうなので、大型ドラム式洗濯機のあるコインランドリーでダウン製品を洗濯することにしている。ドラム式は、洗濯物を水面に落下させてはたたき洗いする方式。ヨーロッパでは家庭でも一般的な洗濯機だ。

日本でお馴染みの渦巻き回転式洗濯機よりも水消費量が少なく、衣服が傷みにくいとも言われているが、その辺についてはよく知らない。ただ、渦巻き回転式だとダウン製品は水に浮いて洗濯できない。だからドラム式洗濯機のあるコインランドリーへ行くのだった。

車でハイパーマーケットへ

ダウン ブランケットは、ダウン製品用洗濯ネットに入れた。

DSC02182

これはダウンジャケットを洗うときに使っている超特大洗濯ネット。しかしシュラフは大きすぎてここには入らないから、そのまま洗濯機に入れることにする。

さて、近所のコインランドリーは最大20kgまで洗える洗濯機が備えられているのだが、柔軟剤が自動挿入されるのでここは避けることにした。柔軟剤はダウンに悪影響があるから。

少し家から遠いけれど、武蔵野の住民にはお馴染み、新青梅街道沿いのハイパーマーケット、ジョイフル本田に柔軟剤を使わないコインランドリーがあるので、そっちへ行くことにする。

ジョイフル本田には28kgまで洗える大型洗濯機が置いてある。ダウン製品を洗うには、洗濯槽が大きくて余裕があればあるほどいいので、28kgまで洗える大型洗濯機は頼もしい。

大型ドラム式洗濯機で洗濯開始

案内には、20kg対応洗濯機なら羽毛布団1枚まで、28kgなら羽毛布団2枚まで、と書いてあった。ぼくは布団ではなく寝袋を洗うのだけど、2つあるから28kgを選ぶのが正解。

DSC02186

洗濯料金は30分で900円。

それぐらいの時間なら、ハイパーマーケットで買い物をしているうちにすぐに過ぎてしまう。ファストフードしかないけれどランチをしてもいいし、ドトールコーヒーでスマホを見ていてもいい。

全てのジッパーをきちんと閉めて、ベロクロを止めて、洗濯槽に入れる。ジッパーが開いていると、洗濯中に金属部分が布に擦れて裂ける可能性があるため。洗濯中に布が裂けたら、ダウンがぜんぶ流れてしまうという怖ろしいことが起きるらしい。

ダウンのシュラフを乾燥機に入れる

洗濯が終わったら、次は乾燥機。

乾燥機も大・中・小の3種類ある。いちばん大きい乾燥機は27kg用。10分で100円。ダウンを乾燥させるなら迷わずいちばん大きいのを選ぶ。

DSC02187

ただし化繊のシュラフは乾燥機の使用不可

モンベルが開発した、ダウンに替わる化繊素材エクセロフトは温風で溶ける可能性があるため、乾燥機の使用は不可とされている。繊維が少しでも変形したら保温性が激落ちする。そこでダウンシュラフ(裏返してある)とダウン ブランケットの2枚だけを乾燥機に入れた。

DSC02190 2

27kg用の乾燥機に、シュラフが1.5枚しか入っていないから空間の余裕が大きい。

料金は10分/100円。ダウン ブランケットは30分、ダウンシュラフはもう30分、乾燥させることにする。

ダウンは水に濡れたらなかなか乾きにくい性質がある。パッと見で乾いたように見えても内部に湿り気が残っていることがあり、そのまま仕舞うとダウンが潰れて保温性能が大幅に低下する。完全に水分を飛ばすまで、確認しながら乾燥させる。

でも乾燥させすぎてもよくない。

自宅に持ち帰ったら、平干しする

化繊のシュラフはまったく乾燥機にかけなかったから、帰宅後に平干しする。吊し干しすると中綿が偏ったまま固まって保温性能が下がる可能性があるので、必ずヒラ干しする。

セーター用の平干し台が1コしか持っていないから、無印良品の整理ボックスも並べて、その上に化繊シュラフを敷いた。

それから速く乾燥するように撮影用のレフも3枚並べた。

DSC02198 2

メーカーによれば完全に水分をとるため、夏なら一週間、冬なら10日間は干してください。とのことだった。というわけで、当面、日中はこのように干しておき、夜は風呂場の浴槽の上に置くことにする。風呂場は換気がよくされているから、洗濯物を干すには良い場所だ。

ダウンシュラフは吊し干しした

ダウン製品は乾燥機でほぼ乾いているのだが、念のため風呂場に吊し干しした。水分はほぼ飛んでいるから吊しで問題ない。吊し干しの方が省スペースだし。数日は干しておくことにしよう。

洗濯料金は締めて1500円

今回の洗濯は、洗濯機と乾燥機をあわせて料金は全部で1500円。

ダウンのシュラフをクリーニング店に頼むとたぶん1つにつき3000円くらいするから、ぜんぶで7000円くらいかかるかな? ま、お安く済みました。