石垣島の朝焼けを見ながら、できたて豆腐のごはんセットを楽しむ

日本

石垣島は、本州より西に位置するためだいぶ日の出が遅い。
今の季節なら、朝7時20分頃の東の空がちょうど朝焼けがきれいな時刻だ。

07 072238

振り返ると自分の長い影。

07 072259

いま、どこにいるかというと有名な豆腐店の前。
早朝から豆腐料理を食べにくる客で行列ができることで知られ、店の名はとうふの比嘉 (とうふのひが) という。

07 072322

朝の眩しい光を見ながら名物のゆし豆腐のセットを注文した。
ゆし豆腐は、沖縄の郷土料理でやわらかいおぼろ状の豆腐のこと。

きょうはラッキーにも空いていて、落ちついて席に着くことができた。ふだんは相席でぎゅうぎゅうになるほど混んでいるらしい。

07 072520

こちらがゆし豆腐セット(大)

07 073244

ゆし豆腐・たくあん・ごはん・豆乳がついて450円。
しおからと玉子焼きはオプションで各100円。オプションもおいしかったけど朝ごはんには多すぎたかも。朝から満腹になってしまった。

女性ならゆし豆腐セット(小)で充分な量だろう。

07 075846

朝日を浴びながら豆腐セットを食べられるなんて幸せすぎ。

とうふの比嘉は市内から外れた畑の中にある店だが、ここまで散歩がてら歩いてくる客もけっこういる。ぼくはレンタカーでやってきて、食後は朝のドライブを楽しんでから新石垣空港へ向かった。

そろそろ、亜熱帯の島を去る時期なのだ。