ブログの写真を無断転載されたら3万円を請求することに決めた

NAVERまとめ対策, 著作権侵害対策

ぼくの写真を無断転載しているキュレーションサイトがまだあったよ。

01

このボトルは、ウズベキスタンのカフュールという飲み物。日本では「ラッシー」という名で知られるヨーグルト飲料だ。ヨーグルトは発酵しているから微量のアルコール分が含まれていて、大量に飲むとほろ酔い気分になるという記事につけた写真。

「画像引用元」などと書いてあるが、これは引用ではなく無断転載だ。

このキュレーションサイトは会社案内も所在地もどこにも載せていない、しようもない泡沫サイトだった。しかしお問い合わせのコメントフォームが用意されていたから、いつもの著作権侵害のクレームを送った。

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。


貴社ウェブサイトに、私が撮影し著作権を有する写真1点(ここに無断転載写真のURL)が無断で転載されていることを確認いたしました。転載元は私のブログ(https://www.photo-yatra.tokyo/blog/archives/154)です。

私はプロのフォトグラファーです。私の写真の使用には料金が発生いたします。つきましては料金のお支払いについてご相談させていただきたいので窓口となる担当者の連絡先を12月16日までに教えてください。

なお、私の著作権侵害に対するポリシーをブログ記事にしています。一読いただければ幸いです。
https://www.photo-yatra.tokyo/blog/archives/9118

よろしくお願いいたします。

有賀正博写真事務所
住所○○

先日の、建設会社を著作権侵害で提訴した顛末を書いたブログ記事のURLを添えておいた。「このメールを無視するとこうなるぞ」と暗に伝えているのだ。この裁判で当初かたくなにパクリを否定していた建設会社は、最終的に損害賠償と慰謝料をあわせて48万円を払う結果になった。

2時間後に短い返事が来た。

有賀様

ウェブサイト管理者の○○です。

写真を無断転載してしまったこと、誠に申し訳ありませんでした。
当該記事より写真を削除いたしました。

今後の連絡はこのメールにお願いいたします。

○○○○
info@○○○○○○.com

個人名とメールアドレスだけが記されている。
会社ではないのかもしれないが、住所ぐらいは表示してほしいものだ。

ただちに用意しておいた返事を送った。

後藤さま

早速の返事をありがとうございます。

当方規定の写真使用料は、WEB用途、1点なら、使用サイズに関わらず3万円を設定しています。

また、無断使用による割増金は2倍です。この料金は業界最大手のアマナイメージズに準じます。ただし貴社から迅速に使用料をお支払いいただけるなら割増金は不要といたします。その場合の支払期限は今週末とさせていただきます。

3万円を下記の口座にお振り込みください。

  ○○銀行 ○店 普通口座 ○○○ アリガマサヒロ

恐れ入りますが振込完了後に連絡をください。
なお、貴社の締めなどのご都合でお支払いを別の日にご希望の際はお知らせください。

よろしくお願いいたします。

有賀写真事務所

これまでの反省点として、使用料金を割り引く必用がないのに半額にして請求していたこと。こちらが被害者なのに弱気であった。今後は割引をやめ、1点につき使用サイズに関わらず3万円を請求する。

20分もしないうちに返事が来た。

有賀様

12月14日付で振込が完了しました。
よろしくお願いいたします。

○○

すばやい振込であった。

あっという間に交渉が終了したのは、DeNAのパクリサイト閉鎖事件によってこれらパクリサイトが動揺しているからかもしれない。あるいは、ぼくの裁判日記を読んで、さっさと3万円を支払った方が吉と考えたのかもしれない。

いずれにせよ、この年末はパクリサイトに請求書を送るのに最適な時期だ。

この記事を読んで、自分でもパクリサイトに料金請求をしようと思った方がいたら、上記のメールをコピペして自由に書き換えて使ってください。ぼくの裁判のURLも消さずに「こちらの記事を参考にしています」と書いて送ってもいいかもしれませんね。

みなさんも削除だけで落着とせず、がんがん料金請求して下さいね。