引用は自由にしてOK。作者の許可は不要です【無断転載とはここが違う】

NAVERまとめ対策, 著作権侵害対策

ネット界には、無断転載と引用との区別がつかない人が案外と多い。

転載は著作権者の許可が必要だが、引用は著作権者に断らずにしてもよい。ということが理解されていない。いやそれ以前に、何が転載でどれが引用にあたるのかすら分からないようだ。そこで今回は引用について詳しく書いてみよう。

引用は法律で認められている

写真やイラストを作者に無断で転載するのはルール違反。しかしどんなルールにも例外がある。著作権法の例外は著作権法30〜47条に書いてある。

そのなかで、ぼくたちに身近な例外は主に2つある。

ひとつは私的複製自分だけで楽しむ分にはいくらでも無断で画像を複製しても構わない。ネットで見つけた写真を自分のパソコンやスマホの壁紙にするのはOK。好きなように修正してもOK。それを同居する親兄弟にあげてもOK。しかしそれをネットにアップするのは私的複製の範囲を超えるからNG。

例外のもうひとつは引用。こちらが今日の本題。

引用とはなにか

ネットで見つけた写真を自分のスマホの壁紙にするのはOKなのに、それをネットに再アップしたらNGなのは、どうしてなのだろう? 

まず、引用とは何かを知ろう。引用は昔からなされていたが、引用の定義が定められたのは、有名な「マッドアマノのパロディー事件」で昭和55年の最高裁判決でのこと。長い判決文のうち重要なのは次の2点だ。

  1. 引用する作品と、引用される作品とが、明瞭に区別されていること。
  2. しかも、両者に主従関係があること。

この2つを踏まえていれば引用になると定義された重要な判決だ。

①だけでなく②も重要だから気をつけてね。しかしながら、クラウドワークスやNAVERまとめに記事を書いている1円ライターには、これだけでは具体的にどうすればいいのか分からないようだ。

引用と認められる要件は

そこで「引用の正当な範囲」を文化庁が以下のように分かりやすく解説しているから、1円ライターの方々はこの通りに実行してください。

  1. 引用する必然性があること。
  2. まったく改変をしないこと。
  3. カッコなどで自分の著作部分と引用部分とが区別されていること。
  4. 自分の著作物と引用部分との主従関係が明確であること。
  5. 出所の明示がなされていること。

引用する必然性とは

単に「自分のブログやサイトの記事に必要だから」というだけでは引用の必然性があるとは認められない。自分の記事に必要な写真なら費用を払って使わせてもらうのが筋だからね。これが最も重要なことなので頭にたたき込んでおこう。

例として、ぼくの写真をパクったまとめサイトのページを貼っておく。

P2016

芸能人の田中裕二に関するまとめ記事に、彼の出身校の日本大学藝術学部の写真が必要なので、ぼくのブログから無断転載したものだ。

日藝の写真が必要なら、ライターが自分で練馬区江古田に足を運んで撮ってくれば済むこと。それが出来ないならカメラマンに料金を支払って撮りに行ってもらうか、レンタルフォトサイトにあればそれを使うこともできる。出版社はそうしている。

まとめのライターはそれをしないで、ぼくのブログから無断で写真をダウンロードして貼り付けた。これでは引用とは認められない。

なお、このまとめサイトには画像使用料1.5万円を請求して支払ってもらった。振込後に画像の使用許諾を与えたのだが、その後しばらくしたらサイトそのものが閉鎖された。パクリはよくないことだと気がついたようだ。

改変しないこととは

引用とは、もとの著作物からそのまま使うことをいう。画像を勝手にトリミングして端の方を切りとるのはNG。そんなことをしたら同一性保持権の侵害になり、さらにややこしいトラブルになるから絶対にしないようにね。

主従関係が明確とは

記事本文に比べて、引用は文字数が圧倒的に少ないこと。誰もが引用として認める範囲は2〜4行程度。記事本文より引用部分が多いのはNG。

出所の明示とは

単に【出典】と記すだけでは不十分。ネット記事ならリンクを張ること。nofollowタグの使用はレッドカード。
なお【出典】とは引用元全体のこと。出版なら本そのもの、WEBならサイトのことで、記事が書いてあるページのことではない。【引用】は引用元の記事を指す。

上の1〜5の全てに沿っていれば、引用は著作権法で認められる。著作権者にいちいち断ることなく引用してよいのだ。そもそも許可を得ないでしているから引用なのであって、許可を得たら引用ではなく転載になる。「許可を得た引用」はありえない。

ひと言でまとめると

著作権法32条引用は〜目的上 正当な範囲内 で行なわれるものでなければならない。

ということ。くれぐれも『正当な範囲』を自分で決めないようにね。

それから写真やイラストなどの画像は、文章よりも条件が一層シビアだが引用が認められることもある。画像の引用が書籍でなされた具体例はこちら。

DSC00447

福井健策著「著作権の世紀」から。

福井健策氏は著作権法の権威。本書に掲載されている図版はすべて引用だから著作権者の許可を得ていてないそうだ。出版前に、編集者が図案の著作権者に許可をとろうとしたが、福井氏がこれは引用だからその必要はないと止めたとのこと。

ちなみに当ブログは上の複写を福井氏の許可を取らずに掲載している。

引用は作者の断りなしにしてもよいワケ

引用をいちいち断らずにしてよいのには、ちゃんと理由ある。

a.社会的に公平にみてそのほうが合理的な場合

1冊の書籍から2〜3行の文章を引用をするために、いちいち作者と連絡がとれるまで待っているのでは時間がかかりすぎるし、待ったあげくに断られることが続発したら社会が停滞する。それに作者もいちいち問合せを受けて返事をする義務があったら生活に支障が出る。

b.ある作品を評価や批評するとき

例えばある絵画についての批評記事を読んでいるときに、その絵画が示されていなかったら一体何について批評しているのかが分からない。それでは完成度の高い批評文が望めないから絵画を引用して示すことが必要。とくに報道の分野がこれ。

c.転載を拒否されても載せたいとき

作品の意図や内容を批判する記事には、作者から転載の許可がまずでない。許可がなければ批判ができないようでは健全な批判文化が育たない。社会に批判文化が必要だ。だから許可なくして引用できるようにする。やはりとくに報道の分野がこれ。

というわけで、社会的にみて公正ならば引用(著作者に無断で作品を載せること)は正当なものとされる。もちろん引用する際は文化庁のガイドラインを踏まえること。

著作権のグラデーション領域

著作権には、侵害しているブラックな状態と、侵害していないホワイトな状態のあいだに、幅広いグラデーションの領域がある。

著作権は、違法か適法かを必ず判断できるかというとそうでもない。どっちにもとれるケースも多い。パロディや、コミケで売られている同人誌の二次創作はその一角。二次創作は本当に楽しくてぼくは好き。

慣習的に同人誌はブラックっぽいけど大目にみられているというかまったく野放し状態。この広々としたグラデーション領域をみんなが楽しんでいて、日本独特の二次創作文化が花開いている。

こうした同人誌の二次創作文化が世界から注目されるほど盛んになることができたのは、「軽いただ乗りだが違法とはせず、その判断は市場に委ねる」という知的財産制度の考え方と、二次創作者がオリジナル作品をリスペクトしていることを原作者が分かっていること、そして関係する人たちみながオリジナル作品のファンで楽しんでいるというポジティブな理由がある。

LINE株式会社のように、オリジナルの作者を小莫迦にして自分たちだけが利益を貪るコピペサイトNAVERまとめを運営する悪質な集団とはぜんぜん違う。もしNAVERまとめのような扱いをされたら、オリジナルの作者はNoと言うしかない。

ファンが集まっている同人誌の世界で著作権を主張するのはヤボだ。原作者も含めて皆がそう思っているからここでは著作権侵害が大きな問題にはなっていない。それと同じく、上記のマッドアマノの裁判は、パロディ作品がたいへん素晴らしかっただけに怒って提訴した写真家はヤボだとぼくは思っている。裁判で引用が定義されたことはよいことではあるが、結果的にパロディ文化が萎縮してしまったのは大変残念だ。

ブラックとホワイトの境界は今のところ広いグラデーション領域で、明白に分かつ線は引かれてない。

そこへLINE株式会社をはじめ、まとめサイトが自社の経済的利益だけのために領域に侵入してかき回すと、いずれ裁判所が確固とした境界線を引くことになり、誰も望まない息苦しい社会になってしまうかもしれない。

著作権侵害を訴えられるのは著作権者だけ

著作権は親告罪。著作権者の気持ち次第で罪にもなるし、ならないこともある。親告罪とは、被害を受けた当人が「このような被害を受けた」と公に訴えることによってのみ成立する。

著作権者本人以外の人が著作権侵害を主張することはできないと法律で定められている。

もしかしたら著作権者は「無断であっても自分の作品が使われて嬉しい」かもしれないからで、その気持ちをおしてまで他人が事件化することはできないことになっている。作品を勝手に使われて「嬉しい」という意識の人は一定数いるから、そういう考え方もありかもね(プロにはいないけどさ)。

二次創作のマンガのように、あきらかに他人の著作物のキャラクターを使って作品を描いたとしても、著作権侵害を訴えられるのは著作権者だけだ。

大事なことだからもう一度言うね。ネット民が瞬間的な激情にかられて無関係な人の著作権についてクレームすることはできません。

2018年12月30日から、TPP11(環太平洋経済連携協定)の発効にともない、著作権は非親告罪化される 。被害者からの届出がなくても警察は検挙することができるようになる。ただし同人誌などの二次創作はこれに含まれない。また実際にどう運用に変化があるかは注意していきたい。

肖像権も親告罪

親告罪はほかにもある。肖像権もそのひとつで、やはり当人しか被害を訴えられない。無関係な人の肖像権についてクレームすることはでできない。

あまり知られていないが実は「肖像権」という名の法律自体がなく、プライバシーや営業権など別の概念を適用して肖像権を保護しているのが現状だ。だから肖像権は理解しにくい。

「自分の顔写真を無断で撮られたら即肖像権を侵害している」ことにならないことがあるのもそれが理由。ここはまたややこしいから別の機会に書くことにしたい。

テレビ画面をキャプチャしてネットにアップ

テレビの画面を写真に撮ってネットにアップすることは著作権侵害になるか? というと、これも上記の最高裁の判決による定義のとおり、引用要件に沿っていれば著作権侵害にならない。

くわしくはこちらを参照。テレビの試合中継。写メってツイートするのは著作権侵害??|平林弁護士がアドバイス!

なお、テレビ局が「テレビ画面をキャプチャしてネットにアップするのは著作権侵害になる」といってることがあるが、勝手に言っているだけでそんなことはない。引用はOKだ。引用する際はしつこいようだが文化庁のガイドラインを踏まえること。

自分が出演した番組なのにクレームされた

昨年12月8日のTBS NEWS23「まとめサイト問題特集」でぼくは事務所で取材をうけて放送された。そのときのキャプチャを載せて同日のブログにアップした。

NewImage

そしたら「このキャプチャはTBSの番組の無断転載ではないか」とからまれた。この指摘は二重に間違っている。

まず、ブログ記事タイトルが「TBS NEWS23に出演しました」で、記事内容がTBSの取材のことを明記しており引用要件を満たしている。取材者にもブログに載せることを伝えている。そのうえ写っているのはぼく自身だから肖像権もなんなくクリア。

もうひとつは、TBSの番組の著作権についてクレームができるのはTBSだけなこと。

どうやら一部のまとめライターはぼくのことが気にくわないらしく、こんなふうに因縁をつけてからんでくることがある。活動場所が激減したことでムシャクシャして八つ当たりしているみたい。当ブログのコメント欄に時々出没している。

その一方で「NAVERの悪質さがよくわかりました。自分が書いたまとめ記事はすべて削除しました。もうまとめ記事は二度と書きません」とメッセージをくれる人もいるから、ちゃんとした人もいて当ブログが役立っているのだと思う。

Sponsored Links

引用・出典の表示が必要ないケースは

必要がないのに、引用や出典とわざわざ表記しているケースがある。

写真を有料で借りた場合

feelyという女性向けサイトを見ていたら、下のように掲載写真に「出典:Photo: nata_vkusidey | iStock | Getty Images Plus」と記してあるページがあった。

この写真は格安フォトストックの iStockに料金を払って使っているようだ。するとiStockが出典元というのは国語的にヘン。サイトのスタッフ達が「出典」という言葉の意味を知らずに使っていることが分かる。

この場合は「Photo: nata_vkusidey | iStock | Getty Images Plus」と記すのが普通。Photo: 〜という書き方なら、誰が写真を撮影し、 どこが販売しているかが分かる、ごく常識的な表記になる。

それから当ブログは、上のキャプチャのURL表記に「引用」という文字を入れていない。引用元が明記されているなら「引用」という文字をあえて入れなくてよいのだ。いちいち「引用」と記してあるとサイト制作者の見熟度が伝わってきて、記事の信頼感がかえって損なわれる。

SNSは自由にシェアしてよい

ところで、FaceBookをはじめSNSのシェアも、シェアボタンを押してするのであれば本人に断りなくしてよい。

「それって当たり前じゃん」と思うでしょう? でも「直接知らない人の投稿は許可なくシェアしてはいけない」と信じている人がときどきいる。SNSがどういうものなのかよく分かっていないみたい。

「シェアさせていただきます」というコメントをついていることがあるがそのひと言だけなら必要ない。

シェアは、引用でも転載でもない

SNS内でのシェアは推奨されているし、自分のブログに埋め込みたければ簡単にコードを取得できる。ただし画像だけをコピーして「自分の作品として」公開することはできない。

それから自分が目にしたインスタやツィッターがすでにパクリだったけど知らないでシェアしてしまったということもありがち。こうなるとよっぽど注意していても判別が難しいこともあるね。SNSの問題点のひとつだ。

最後に話をまとめると、引用とシェアはルールに沿って無断でするもの、転載は許可を得てするもの。この区別がつかない人、ルールを守れない人は、どちらもしないほうがよいかもしれない。

LINE株式会社の人たちはわかりましたか。