毎月海外へ飛ぶぼくが、成田空港建設反対運動に参加していた黒歴史

旅行情報

かつて千葉県成田市で、空港建設反対運動が激化していた時代がありました。

1970年代には機動隊と反対派が激突してけが人が続出し、火炎瓶が飛びかい、ときに死者もでました。左翼が自作爆弾を丸の内で爆発させて通りがかりの無関係な人を死なせていた時代です。70年代の日本は荒っぽかったのですね。成田でもいつ爆弾テロが起きるか分からなかったようです。

けれども1980年代になると時代の空気が変わり、空港反対運動はすっかり下火になっていました。空港反対派がこんなテロ活動を繰りかえしていたのですから運動が支持されないのは当たり前のことでしょう。

DSC01164

空港反対運動に参加したら

ぼくは、日芸の学生だった1980年代後半に、成田空港反対運動の人に誘われて空港反対闘争に何度か参加したことがあります。

当時はドキュメンタリー写真に興味があったので、よく写真のモチーフになっている反対運動の現場に行ってみたかったのが主な理由です。それから田畑を国に取りあげられる農民にシンパシーを感じてもいました。農家にとって、苦労して開墾した畑を失うのはさぞ苦しいことに違いありません。

反対派が用意したバスを現地で降りるときにヘルメットとマスクが配られます。ヘルメットは警察と殴りあうときに頭を守るために必要。マスクは顔を隠すために必要です。実用的な定番ファッションです。カメラは危険だから持たないように、ということでした。それでは目的と違うので少々残念なことですが、まずは現場をこの目で見ることから始めることにしましょう。

デモは行進しながらシュプレヒコールします。ぼくが参加したデモ隊は「空港建設に反対するぞー」「権力を粉砕するぞー」とみんなで叫んでいるうちはいかにも反体制デモらしい姿でした。が、そのうち「××派を粉砕するぞー」と別の反対派の非難を始めました。

現場では反対派同士がののしりあっていた

当時、空港反対運動は方針の違いから二派に分裂していました。

北原派と熱田派といったと思います。ぼくはこのどちらかのデモに参加しました。どちらの派だったのかは覚えていません。たまたま機会があって参加しただけで、方針の違いを吟味して選んだわけではないからです。そもそも運動が分裂していたことも現場に来るまで知りませんでした。

そしてデモ行進は、どちらかというと国家権力を批難するよりも、対立する反対派を批難するシュプレヒコールの方が多い有様でした。ぼくは違和感を覚えました。

だってね、本来なら力を合わせなければならない反対派同士がいがみあっていては、目的の達成ができるわけがありません。それどころか運動をまとめる力量のある人がいなくてさらに分裂をくりかえしているらしいです。

相手を非難する理由を聞いたら、それは説得力があるものでした。だからといってその説明を鵜呑みにもできません。ぼくはたまたま一方の派に参加しているだけです。仮にぼくが参加したのが相手方の派だったら、そちらの説明にも説得力を感じるかもしれないからです。

横暴な国家権力を批判するならともかく、反対運動同士でののしりあっている現状に共感できないし展望もないので、参加するのはじきにやめてしまいました。なにより、ぼくの人生は成田空港がないと困るようになっていたので。

反対するための反対運動

後になって分かったのですが、左翼運動とはこのように分裂を繰りかえすものなのだそうです。団結をいつも口にするわりには決して団結することはありません。というのも左翼の人たちは正義は自分だけにあると考えているから他の考え方を許容することができないのだそうです。人民のために行動しているのに人民の支持を得られないのは、そのせいでしょうね。

それから「何かに反対すること」が大好きみたいです。先日、(いまどき)共産主義にシンパシーをもつ人と話をしたら「誰かを批判することはよいことだ」と言ってました。しかしこの人の話を聞いていると他者への非難が多くて、建設的な批判はありませんでした。批評や批判をするふりをして、非難をしているんです。反対するために反対しても何も生みださないですけどね。

現在の国会をみても、反対ばかりしている政治家にものごとを実行する力がないことがよく分かります。

変化する環境に取り残されるということ

1990年代以降は国際的な航空環境が激変しました。

成田空港はたった1本の滑走路だけで開港したというのに、シンガポールのチャンギ空港、韓国のインチョン空港をはじめ、滑走路を6本も擁する大空港が日本の近辺でつぎつぎと開港しました。上海浦東国際空港の巨大さも凄いものです。いずれもアジアのハブ空港を目指すという国家戦略のもとに建設されています。

最近はインバウンドが増えてさらに環境が変わりました。外国人が一年間に何千万人も日本を訪れる時代です。20世紀には考えられなかった変化です。しかし成田空港反対運動はいまも一部の活動家が続けていて、滑走路はなんと未完成のままです。グローバル化の時代に、日本人同士が反目し合っていては変化に後れを取るばかりです。世界の潮流をまったく無視しています。鎖国しているんでしょうか。江戸時代末の日本人の方がよほど国際社会に敏感でした。

もしぼくが学生時代に成田空港反対運動の現場に行かなかったら、左翼運動の本質がわからないまま、ぼく自身も国際環境の潮流から取りのこされて21世紀を生きていたかもしれません。ああそんなことがなくてよかった。やっぱり、現地に足を運んで、この目で見て、感じて、自分の頭で考えることは大切です。さよなら左翼。

などと20世紀の想い出にふけりながら、また成田空港から飛行機に乗ってバリ島にやって来ました。写真は、現場を訪れないと撮れないから毎月こうして飛んでいます。

10 163224