新型ストロボ導入で格段にしやすくなったハイスピードシンクロ撮影

プロカメラマンに人気のGodox製ワイヤレスストロボは、ニコン・キヤノン・ソニーのカメラでハイスピードシンクロ(FP発光)ができるのが売りのひとつ。

これまでは3社のみ対応だったが、この8月にようやくハイスピードシンクロができるマイクロフォーサーズ用ワイヤレス発信機が発売された。さっそくAmazonでポチ。ずいぶん待たされたぜ。

P1710062

ハイスピードシンクロ(FP発光)とは

カメラごとに、ストロボの光を飛ばせる最高シャッタースピードが違う。プロ用カメラなら1/250、中級カメラは1/200、安いカメラは1/160以下というカーストの階級差がある。

プロ用カメラがシンクロ速度1/250をきれるのはシャッター機構が高い性能と耐久性をもっているからで、安いカメラはこのあたりが簡易に作られている。ぼくはとろいカメラが苦手なんで1/250を切れないカメラを使ったことがない(ことはないけど、かったるいからメインカメラにはしない)。

とはいえ実際の撮影では、日中の屋外なら1/250はたいして速い速度とはいえない。ポートレート撮影でバックをぼかしたいときは1/2000以上の高速シャッターを切りたいときもあるんだけどそれはストロボ発光の仕組みからいってそれは不可能だった。

その不可能を可能にしたのがハイスピードシンクロ(FP発光)という機能だ。これがあれば、日中でも1/2000のシャッターが切れ、作画の自由度が格段に広がるからぜひともほしい機能だ。

P1710065

ワイヤレスでハイスピードシンクロができる Godox X1T

Godoxは数年前から人気の中華製ストロボメーカー。無線発信機 X1Tが人気なのはその高性能とコストパフォーマンスにある。

  1. 2.4GHz帯の無線で100m離れたストロボと同調する
  2. 無線だから物陰にしこんだストロボも同調する
  3. 1/8000秒のハイスピードシンクロに対応する
  4. TTL対応のストロボならTTL制御可能
  5. マニュアル発光が1/3段刻みでできる

と高性能にもかかわらず発信機はAmazonで5000円程度で売られている。ストロボも1万〜1.5万程度。ニコンやキヤノンの純正機材よりはるかに安い。

P1710069

安いからといって質が低いわけではなく、1〜5のように高性能だ。特に5の「マニュアル発光が1/3段刻みでできる」は当たり前のことなのだが、以外に日本メーカーにそれができないものがある。1/3段どころか1段ずつしか光量を変えられない謎仕様のストロボ製品は、カメラマンがどうストロボを使うかを設計者がぜんぜん分かっていないのだ。日本メーカーよりも中華メーカーの方がよほど現場のことを研究している。

そのうえGodoxのストロボは発色がきれいだし、高性能リチウムイオン電池だからリサイクルタイムが短く、フル発光しても1.5秒でリチャージされるからすごく便利。フル発光の場合は発熱の問題から最大20発程度で発行が停止してしばらく使えなくなるが、この点は現代の技術では克服できない問題だからしかたがないだろう。

メーカー純正よりも使い勝手がよい

ぼくはニコンの純正ストロボSB-900を3台持っているけれど、無線制御が旧式な赤外線方式だから少し離れると同調しなくなり配置に気を遣わなくてはならず本当に不便だった。ボタン類の操作性もGodoxのほうが全体によくできている。ニコンのデザイナーのセンスはGodoxに残念ながら負けている。

中華製Godoxを導入してから撮影のストレスが減った。

カメラのホットシューにストロボをつけて直でTTL発光するときの調光性能だけはニコンの方が高い(ニコンのTTLストロボ制御技術はライバル不在の世界一の水準)が、それ以外の点はGodoxの方が使いやすいな。

P1710072

背面の3つのボタンとダイヤルで操作する。このダイヤルが軽すぎるように感じるのでもう少しクリック感がある回転をしてくれると一層いいんだけど。

さんざん褒めておいてなんだけど、Godoxのワイヤレス発信機は機種毎に操作方法がバラバラで統一感が全然ない。製品をシステムで開発した経験がないからだろう。

P1710074

外観のデザインはひいき目に見て「可」といったことろか。
中華らしい無駄な曲線がめだつ。デザインの一層の向上が望まれる。が、日本製も五十歩百歩なんで許容範囲内とする。

マイクロフォーサーズでもハイスピードシンクロ

X1T 2.4G」の文字とあわせて「O」の文字がシルクプリントされている。オリンパス対応のしるしだ。同じマイクロフォーサーズ規格のパナソニックにも対応している。

P1710075

T」はトリガー(発信機)の意味で、形が似ているX1Rという製品があるけど用途が違うから間違って買わないように。
   
ぼくはニコン用X1Tも持っていて、ニコンのカメラで撮影する時はそれを使っている。ニコン用もマイクロフォーサーズ用も操作方法は同じ。

日本の技適を取得している

Amazonには、日本の電波法の認証を受けていない中国製品が売られていることがあるが、このXT1はきちんと認証を受けているのだそうだ。ヨーロッパのCEマークなどとともに日本の技適マークが印されている。各地の認証を得ているから安心して使えると考えてよいだろう。

P1710077

さっそく装着。

P1710093

使いやすいワイヤレスストロボ

ストロボ Godox V850でテスト撮影してみた。

P1710099

問題なく同調する。

発信機X1TとストロボV850をそれぞれハイスピードシンクロに設定して、GH4のシャッタースピードを上げていくと、シンクロ接点の1/250を超えたところで自動的にFP発光に切り替わる。

製品が多すぎて分かりにくいGodoxのシステム

新しい技術をどんどん取りいれて新製品を出すのがGodoxのいいところではあるけれど、その度にインターフェイスが変わるし型番もバラバラでどれとどれが組み合わせて使えるのかわからないのが短所でもある。

これから2.4GHz帯のワイヤレスストロボを買うなら、次の製品がいいと思う。

  • コマンダー・無線、多灯、ハイスピードシンクロをするならX1T
  • ストロボ・マニュアル発光のみ、LI-Ion電池の高速チャージならV850II
  • ストロボ・マニュアル発光のみ。単三電池の普通の性能ならTT600
  • ストロボ・TTL発光もできる、LI-Ion電池の高速チャージならV860II

ぼくはX1TとV850IIの組み合わせで完璧。

Godoxのコマンダー(発信機)はほかにXPRO、XT32、XT16など何種類かあるけど、HSSをするつもりで買うならX1TかXPROを選ぶのがいいだろうね。カメラメーカーに対応したものを選ぶこと。

Godox X1T-O TTLワイヤレスフラッシュ送信機 オリンパス/パナソニックカメラ用 日本電波法認証済み Godox X1T-O TTLワイヤレスフラッシュ送信機 オリンパス/パナソニックカメラ用 日本電波法認証済み

Godox
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Godox Ving V850II GN60 2.4G HSS 1/8000s リチウムイオン電池 ストロボ 色温度:5600K±200K 内蔵GODOX2.4GワイヤレスXシステム 特徴1.5Sリサイクルタイムと650フルパワーポップ【Canon キヤノン/Nikonニコン/Pentaxペンタックス/Olympas オリンパスなど】 電波法認証済み Godox V850II 2.4G HSS 1/8000sリチウムイオン電池 ストロボ 【Nikon Canon Pentax Olympasなど】 電波法認証済み

Godox
Amazonで詳しく見る
by G-Tools