コスパ最高モニターは、写真家用カラーマネジメントモニターの決定打になるか

新しいモニターがほしくなった。ネットでめぼしい物を探したら、高性能で値段が手頃なBenQ SW2700PTという27インチモニタの評判がいいことを知った。

P1710055

今ぼくが使っているのは国産でもっとも目に優しいとうたわれた日立IPSパネルを採用したEIZO L997。画面サイズは21.3インチモニタ。生産終了して数年が過ぎたが画質に不満はない。でももっと大きい27インチモニタがほしくなったのだ。

ぼくがモニタに求める3条件は

  1. 階調が豊富で、色が正確。
  2. 目に優しい。当然IPSパネルを採用。
  3. 高価すぎない。15万円以下でないと買えない。

この3つが特に重要だ。そしてこのたった3つしかない条件をクリアするメーカーは意外に少なく、現在ではEIZOかNECかどちらかしかない(たぶん)。カメラメーカーの数以上にモニターメーカーは限られているようだ。

候補となる製品はすぐにEIZO ColorEdge CS2730NEC LCD-PA272W-B5の2機種に絞ることができた。メーカーが少ないから比較できる製品は少ない。どちらにするかネットで情報を集めているときに、この2機種のライバルになるかもしれないBenQ SW2700PTをみつけた。

色が正確な広色域モニタ

プロカメラマン向けのカラーマネジメントシステム モニターとして開発されたBenQ SW2700PTはネット上での評判がけっこう高い。ぼくが望む条件をすべてクリアしている上に遮光フードが付属して、それでいて価格は7万円前後。性能が期待通りならすごすぎる。

ただし、いかにネットで評判がよくても、実際にその性能がいかほどのものかは自分の目で見ないとわからない。それには、うちのEIZO L997の横に並べて比べられるといいんだけど…。と悩んでいたら、BenQにはアンバサダーモニターという制度があってSW2700PTを1ヶ月も貸し出ししてくださるというので早速申し込んだ。

大きいけれど持つと軽い外箱

到着しました。

P1700792

箱はかなり大きいが、持つと軽い。発泡スチロールがキッチリ詰まっていて、外箱を横にしないと中身がなかなか出てこなかった。そうしてパーツを出すとどれも一層軽い。そしてパネルは薄い。技術の進歩を感じる。

P1700801

組み立てはたいへん簡単だ。脚をパネルに着けるときもパチンと音がしてすぐに固定できた。

P1700805

数分で完成。簡単なものだ。

P1700808

SDカードリーダーとUSB3.0ハブ機能がある。SDカードを直接SW2700PTにセットして画像を見られるみたい。なにげに便利かもね。

P1700821

デザインセンスは日本のメーカーよりもよいと思う。裏から見たら更にかっこいい。

P1700840

本体が軽い上に取っ手がついていて持ち運びやすい。

高さの調節

 モニターは、ベゼル下部からテーブルまで45mmの位置まで下げられる。身長の低い女性でも頭を上げることなく画面全体を見られると思う。

P1700873
P1700875

首振りの範囲も広い。
うちで使うときは首振り機能はあまり関係ないかもしれないが、スタジオで確認用モニタとして使うときは 役に立ちそうだ。

P1700881

EIZO L997と比較する

今使ってるL997は日立製S-IPSパネルの21.3インチモニタ。広色域・高画質そして目に優しいことで定評がある。10万円台の価格帯では液晶モニタの王者とさえいわれた(おおげさ)が、2012年に生産終了しているからけっこう前の機種だな。7000時間ぐらい使っているからちょっとへたってるかもしれないけれど、俺的には最高最上のモニタさ。

解像度はこんな感じ

L997 解像度:1600×1200、画素ピッチ:0.270mm
SW2700PT 解像度:2560×1440、画素ピッチ:0.2331mm,

SW2700PTは27インチiMacとほぼ同じサイズだね。

P1700917

縦の解像度は大きくは違わない。SW2700PTのほうが画素ピッチが小さいこともあって、パネルサイズも縦の長さはほとんど同じだった。ということは文字がすこし小さく表示されるようになるということか。

SW2700PTは思ったほど大きく感じない。写真を真剣にするならこれからはこのサイズのモニタを揃えるのがいいだろうね。

MacBook Pro Retina, 13″ Early 2015に接続する

入力端子はDVI-DL、DisplayPort1.2 、HDMI1.4 の3種類。
MacBook Proの Mini DisplayPort に繋ぐことにした。

P1700926
P1700935

工場出荷時に一台ずつ調整されており、キャリブレーションシートが同梱されている。AdobeRGBで色温度6500kに合わせているから、初期設定のままだと微妙に使いにくいかも。自分の使用目的にあわせて設定するかキャリブレーションをとったほうがいい。SW2700PTはそういうモニタだ。

P1710027

SW2700PTをMacBookProのMini DisplayPortに繋いだら解像度が1920×1080でしか表示されなかった。そこでHDMIで繋ぎなおしたら2560×1440で無事に表示した。といった紆余曲折はあったものの無事に使えるようになりつつあった。

ColorMunkiでキャリブレーション

まず、初期設定のままのBenQ SW2700PT(色温度6500k)と、ColorMunki PhotoでキャリブレーションをとったMacBookPro Retina Early2015(色温度5000k)の違い。この小さな画面では分かりにくいかもしれないがかなり違う。そもそも色温度が違うんだけどさ。写真はPhotoshop CCで表示している。

背景のグレーはどちらもRGB:132,132,132.P1700941

両方ともあらためてキャリブレーションをとった。色温度5000k。sRGB。

P1700970

だいぶ近くなった。しかしまだ違うグレーに見える。グレーをDigitalColor Meterで計ると上がRGB:132,111,102でRが強い。下はRGB:75,77,72で暗いけれどおおむねニュートラルなグレーになっているし、暗いのは輝度で調整できるから問題ない。

実は、肉眼ではこの写真よりも近いグレーに見える。けれどもやっぱり同じグレーには見えない。ColorMunki Photoはソフトキャリブレーションだから効果は限定的かもしれない。原因はわからない。SW2700PTはハードキャリブレーション対応だが、いまのところツールを新たに購入するつもりはなく「ぼくのモニタ選び」ではこうしているとして記事をお読みください。

P1700966

ColorMunki Photoはちょうどソフトのバージョンアップがあって、キャリブレーションがより精密になったのか、より時間を要すようになった。

ぼくは、モニタもカメラも色空間をsRGBに設定している。納品するときも特に指定されない限りsRGBだ。AdobeRGBにすることは滅多にない。日本を代表する印刷会社のアートディレクターにsRGBとAdobeRGBのどちらがよいかを聞いたら「どっちでもいいです。昔と違って今ではどっちで入稿されてもちゃんと印刷できますよ」と答えたので、色空間の設定で悩んだことはない。

発色のムラはほとんどなく気にならない

P1700999

ムラはほとんどない。
ぼくには問題ない。

P1710003

メニューの近くが暗く落ちているかと思ったらOSのデザイン効果だった。パネル四隅も問題なし。

コントローラーが使いやすい

使いやすいOSDコントローラーが付属している。

P1710005

モニタの足元にセットできる。そこで使ってもよいし、手元においてもよい。 モニタの輝度やコントラストをはじめ、sRGB⇄AdobeRGBの切り換えなどが簡単にできる。日本のモニタはここの使い勝手がぜんぜんダメで、EIZOのL997の使いにくさに辟易しているぼくは感心した。つくづく日本のデザインセンスは没落しつつあると感じる。

P1710007

カラーメーターで発色をチェック

パネルの発色の件が気になったので、カラーメーターの、セコニック スペクトロマスター C-700 でパネルを計ってみることにした。これが意味があるかどうかわからないけれどね。

P1710010

はじっこの方ですが、グレーを計ります。

EIZO L997

平均演色評価数・Ra91.3だから、まあ優秀だといえる。
しかし色温度は4518Kだった。ソフトウェアキャリブレーションの限界か。セコニック C-700は従来製品と違って液晶ディスプレイやLEDも測定できるカラーメーターだから、この測定結果は正しい(筈)。

P1710014

平均演色評価数(Ra)とR1〜R15までの値をグラフ表示する。まあまあだね。

P1710013

BenQ SW2700PT

こちらは色温度4829K。
平均演色評価数・Ra52.5……。この数値をどう評価するか。

P1710015

演色評価モードで表示するとこんな感じ。
R9が-92.6とはどういうことなのだろう?どなたかご存知なら教えてください。

P1710016

写真を見て判断しよう

数値はともかく、写真を目で見て判断しよう。

L997とMacBookProの発色は比較的近い。MacBookは輝度が低いため暗く見えるけれど調節はすぐできるしノートパソコンだからこんなものとしよう。それに対してSW2700PTがやや薄く感じるP1710018
そこでL997の純正プロファイルをMacのシステム環境設定のAppleディスプレイキャリブレータ・アシスタントで調整してみた。すると写真の発色や階調がSW2700PTとほとんど同じになった。背景のグレーの発色は同じにはならないが、写真の調子は肉眼ではほぼ同じになってきた。P1710024

なんでかわかりませんが、調整次第でこの2台は写真がほとんど同じように見えるようになることが分かった(あ、あたりまえか)。ただSW2700PTは赤系の発色がややYに偏るかもしれない。その辺も要調整。

フードが付属している

BenQ SW2700PTで嬉しいのは遮光フードが付属していること。モニタ側には起毛処理がほどこしてあり効果が高い。

フードは必要なものだが、EIZOとかはたったこれだけのパネルを2万円近い高価格で売っている。見た感じは数千円しかしないものに2万円払える人はそう多くないだろう。このあたりの営業センスはBenQのほうがはるかにユーザー本位だと感じる。

オススメできるか結論

せっかくいただいた機会なので、BenQ SW2700PTをメインモニターとしてテーブルの上に置いた。

発色は比較的よいし、目に優しいモニタだということがよくわかった。編集者やライターさんなど文章を書く職業の人には強くオススメする。広いデスクトップは仕事の効率がアップするよ。初期設定の輝度350cdは明るすぎて目に悪いから部屋の照明に合わせて下げる。色温度はWEB中心なら6500K、紙媒体なら5000Kに設定する。SW2700PTはコントローラーで簡単に色温度や諸設定が切り換えられるからいいね。

文字サイズは小さいというよりも最適化したという印象だ。これまでのL997が画素ピッチが大きくて、文字も大きく表示されていたのだなあ。老眼が進んだお年寄りでなければ丁度いいと感じると思う。

なんといっても目に優しいことは重要。健康管理はフリーランスの最重要課題だ。

P1710033

で、フォトグラファーには?

SW2700PTはよいモニターだ。27インチモニターでこれと比較できるのはEIZO CS2730かNEC LCD-PA272W-B5の2機種しかないと思う。価格はどちらも13万円する。

さらによい機種にEIZO CG2730があるが20万円もする。CG2730を検討している人はSW2700PTを比較対象にしないだろう。

フォトグラファー向けのモニターは種類が少ないから、選ぶのはさして難しい事ではないと思う。決め手は性能というよりも価格だな。27インチでキャリブレーターを一緒に買っても10万円以下の優秀なモニターはSW2700PTしかないと思われる。つまり予算が10万円なら択一だ。コスパが最高だから、衝動買いしてもいいのではないかい。

「BenQアンバサダープログラム」では、より多くの方に「BenQ製品」の魅力を伝えるべく、私たちと一緒に、ブログ、Twitter、Instagram、Facebookなどで、積極的に情報を発信してくださる方を募集しています。