【超簡単】スペイン到着、即SIMカード購入、簡単ネット開通

スペイン

SIMカードを出発前に日本の通販で購入

欧州共通で使えるSIMカードが旅行出発前に日本の通販で購入できるようになった。

データ通信量5GB、高速4G対応だから、SNSやネットを見る程度の通常利用なら十二分だ。スペイン到着次第すぐに使える。短期ツーリストや団体旅客は現地でSIMを買う時間がなかなかとれないから、出発前に手配しておけば便利だ。

メリット渡航前に通販で購入できる。欧州共通なので途中のトランジットでも使える。
デメリット電話番号が無い。リチャージ不可。

リチャージできないといっても普通のネット接続やカーナビ利用で2週間以内の旅行なら5GBを使い切ることはまず無い。もし足りなくなったらそれから現地SIMを買うこともできる。24時間日本語サポート有り。AMAZONで購入する。楽天はこちら

スペイン・マドリードでもSIMカードは簡単に手に入る

スペインでもVodafoneなどの携帯会社のSIMカードが簡単に手に入る。電話が使えた方が便利なこともあるし、価格も安い。

が、最近は空港ではSIMが手に入りにくくなってきた。2017年にEU域内のローミング料金が廃止されたため、自分のSIMが1枚があれば済むから売れなくなったのだ。

マドリード バラハス空港では、日本人がよく利用する第2・第4ターミナル到着フロアにはSIMを扱う店がないから、市内のショップでSIMを購入する。なお、第4ターミナル出発フロアのCrystal Media Shopがオレンジ社のSIMを扱っていて時間がある人はここへいってもよい。オレンジ社もよい通信会社だ。店の位置はこちら

なお、バルセロナのエルプラット空港と市内のSIM売り場についてはこちらの記事に書いたので参照してください。

プエルタ デル ソルの市庁舎

マドリード市内でツーリストが必ず訪れるプエルタ デル ソル。ここの時計塔の前にはスペインの道路元標がおかれている。文字通りここがスペインの中心点だ。ボーダフォンやオレンジなどヨーロッパを代表する携帯電話会社の支店もここにある。

ボーダフォンの支店でSIMを購入

プエルタ デル ソルのボーダフォンの支店

なつかしいボーダフォンのマーク。ぼくは携帯電話はボーダフォンを使っていたのだ。斜向かいにはアップルストアがある。

プエルタ デル ソルのアップルストア

ボーダフォンのショップの入口でお姉さんに「何の用?」と聞かれる。「プリペイドのSIMを買いに来た」と伝え、自分の名前を教えたら番号表をくれる。 ショップの中はこんな感じ。カウンターはなく、小さなテーブルに店員と向き合って相談するようだ。

ボーダフォンの支店

番号が呼ばれるのかと思ったら「セニョール アリーガ」と名前を呼ばれた。スペイン風の発音なので気をつけていないと自分の名前だと分からないかも。

ボーダフォンは英国の会社だからかそれとも場所柄か、店員はみな英語を話せる。といっても"May I help you?"ではなく"What do you want?"というやたらくだけた調子で話しかけられるんだけど、これが今風なのかな。

プリペイドSIMは3コース

プリペイドSIMは3コース(2018年秋現在)

  • データ通信1.5GB+通話15分で10ユーロ
  • データ通信2GB+通話30分で15ユーロ
  • データ通信3.5GB+通話60分で20ユーロ

※ 2018年11月現在、データ3倍キャンペーン中。例:10ユーロで4.5GB

用意するものは次の2点だけ

  • SIMロックフリーのスマホ
  • パスポート

SIMの有効期間は28日間。EU・スイス・トルコでのローミングは無料。

ボーダフォンのSIMのパッケージ

SNSやメッセージのやりとりをしたり、地図で現在位置を確認する程度なら1.5GBで充分足りる。以前の銀色のピカピカしたパッケージから、マットなパッケージに変更されていた。vodafoneyuの"yu"は英語のyouをイメージしている。"yuser" は"ユーザー"のこと。

マイクロSIMでもナノSIMでも手でパチンと切り出せる。

ボーダフォンのSIM

適当なサイズに切り出してスマホにセットすれば準備完了。 アクティベイト済みのSIMだからなんにも設定しなくても差し込めばすぐに使えるとのことだ。使用開始時にPINコードの入力を求められるから、このカードの裏に記された4桁のPINコードを打ちこむ。

ボーダフォンのSIMのロック解除

このPINコードはスマホを起動する度に入力を求められるから決して忘れないように。出先で再起動したときにPINコードがわからないとアウトだから、ぼくはSIMを取り外したカードを財布に入れて持ち歩いている。

アクセスポイントなどの設定を店員にやってもらおうと思って、スマホの言語設定を英語にしていたが、アクティベイト済みだからそんな必要はなかった。スマホを起動してPINコードを入れたらネットが繋がってメールやメッセージが入ってきた。

アクセスポイントを自分で設定するなら

ボーダフォンの支店以外の電器店などでSIMを購入したら、自分でアクセスポイントを設定する必要があるかもしれない。

アクセスポイントを自分で設定する場合、アンドロイド8なら設定→無線とネットワーク→モバイルネットワーク→アクセスポイント名→+を押して、下記を設定したら保存する。iPhoneでも設定内容は同じ。

アクセスポイントの設定

  • APN名: Vodafone ES
  • APN: airtelwap.es
  • ユーザー名: wap@wap
  • パスワード: wap125

データ通信(ギガ)の残量をチェックする

*525#に電話を掛ける。

ボーダフォンのSIMのデータ通信の残量をチェック1

Peticion aceptada>と表示されたらOKをタップ。

ボーダフォンのSIMのデータ通信の残量をチェック2

Elige tu opción y responde con el número〖オプションの番号を選んでください〗の表示がでたら 4. cuanto me quedaを選んで送信する。

ボーダフォンのSIMのデータ通信の残量をチェック3

Peticion de servicio en curso. Pulse Salirと表示されたらOKをタップする。
折り返し、ボーダフォンからSMSが送られてくる。

ボーダフォンのSIMのデータ通信の残量をチェック4

単位がMBで表示されている。
データ通信が1.18GB、通話が15分間、残っていることが分かった。

リチャージするには

SIMの有効期間は28日間。期限が来たり、データ通信残高がなくなる前に延長をうながす通知がSMSで送られてくる。リチャージすれば有効期間が延長される。リチャージは、その辺のキオスクか雑貨店で、店頭にRECARGA AQUI(ここでリチャージ)というような表示が貼ってあればできる。

RECARGA
雑貨店だとマジックで手書き表示が多い
データ通信残高をリチャージこんなキオスクでもできる

チャージが出来る店はいくらでもある。10ユーロ札を握りしめて “Quiero recargar, 10 euros" キエロ レカルガル, ディエス エウロス(10ユーロ分をリチャージしたいです)と言えばすぐにしてくれる。

なお、リチャージは最低5ユーロから。それ以上ならいくらでもよい。通信会社と電話番号を伝えるので、あらかじめ紙に書いておいて渡せば手違いの心配がない。

マドリード市内のボーダフォン支店

マドリードの中心部にはこれだけの支店や提携店がある。

マドリードのボーダフォンの支店

しかしツーリストが行く地域には意外に支店が少ない。ソルから徒歩5分のカジャオ Callao にある提携ショップThe Phone Houseも営業時間が長くてツーリストには利用しやすい。

グランビアのボーダフォンの支店

ボーダフォンSol支店の営業時間
・月〜土 10時〜21時
・日のみ 11時〜20時

携帯電話ショップThe Phone Houseの営業時間
・月〜土 10時~21時
・日のみ 11時~21時
住所: Calle Preciados, 23, Madrid

フエンカラル通りにも支店がある。場所はこちら。チュエカやサレーサスにショッピングに行く人はこちらの支店に行くのが便利。それにSOL支店より空いている。

他の通信会社にも同じようなプランあり

オレンジの支店

フランスの大手通信会社Orangeもボーダフォンとほぼ同様のプランを設定している。スペイン在住の人によれば、通信回線の品質も受信エリアもボーダフォンと同じようなものらしい。オレンジもあちこちにショップがあるからこっちでもいいと思う。上の写真はマドリードのソル広場のオレンジの店。ボーダフォンのとなりの建物にある。この2社の支店は並んでいることが多い。

ほかにも、MovistarやYoigoなど何社か似たようなプランがあって、その辺の携帯ショップでSIMを買える。しかし受信エリアの広さや、他国でのローミングなどの使い勝手が劣るので、ボーダフォンかオレンジのどちらかを選ぶのが正解だろう。

スペイン関連記事

スポンサーリンク