今日もまた、夕陽を見て一日が終わる

インド

インドに到着して、入国手続きは何の問題も無かったが、入国してからがすったもんだして、ようやくホテルに着いたら結構疲れた。チェックインが日本時間で朝4時半だから無理もないか。

翌朝の飛行機でカジュラホへ飛んだ。

3月は冬と夏の中間にあたり、日中は暑いけれど、朝晩は涼しい。
インドの夏は5月〜6月で、その時期の酷暑は言葉に表せないほど凄まじいのだ。一度経験したら二度はしたくない。インド人の皆さんは毎年のことで大変だろう。

けれども、3月は暑すぎることも寒すぎることもなくて旅行に向いていると思う。
カジュラホの遺跡群をさまよううちに、太陽が沈んでいく。

わずか1日前は、利根川に沈む夕陽を見たばかりなのに、今日はこうしてインド大平原の夕陽を見ている。

夕景を写し取るのは、同じNikon D7000だ。