チベット人もタイ人も、仏僧もぼくも、みんな楽しく写真撮影。

インド

インドに来ると、見るもの触るものすべてが興味深い。

特に、ブッダガヤのような聖地には、世界中からいろんな人が集まるから、皆さんの様子を見たり、機会があれば話したりするのが、また楽しい。

そして、写真を撮ったり。

チベットの僧侶たちが読経する様子を写真撮影するタイ人の僧侶

タイのお坊さん達も、ぼくと同じ気持ちのようだ。

コンパクトカメラで、チベットのお坊さん達が読経している様子を、パチパチと撮影している。たぶん初めて見るんだろうね。オレンジ色の袈裟がタイの仏僧、小豆色の袈裟がチベットの仏僧だ。

タイのお坊さんはかなり写真好きで、ヴァラナシのガートでもヒンドゥー教の素っ裸の行者の写真をパチパチ撮っていた。サドゥーはかなり撮影しがいがある。そしたらサドゥーにバクシーシ(金銭)を要求されたが、タイのお坊さんはカメラを持っていても現金をもっていないから、とりあわない。

ひどく憤慨する行者に、代わってぼくが10ルピー札を渡したら、その場が収まった。

インドでタンブンができた。

スポンサーリンク