春のアレンテージョ、レンタカーの旅

ポルトガル

北部から、毎日少しずつ車で南下していると、
距離が増すごとに春の訪れを感じる。
草原に咲く花々が増えてくる。

こんな道を走り抜けるのは、本当に気持ちがいい。

しかしながら、右側通行の道を左ハンドルの車で走るのは大変だ。
いつも「あれ、こっちの車線でいいんだっけ」と確認している。走っているうちに右車線と左車線のどちらを走るべきなのか、分からなくなってくるから、隣にいるライターさんにも時々尋ねている。「この車線でいいんだっけ」。

それから、右手でのギアを操作にはちっとも慣れない。

ぼくは日本で運転免許を取ったから、ギア操作は左手が覚えている。
けれども、ヨーロッパ大陸では、右車線を運転しながら右手でギア操作をしなければならない。これって本当に緊張する。花咲く田舎道なら対向車がほとんんどないからいいんだけど、古い町に入ったら道路は狭いし一方通行が多くて、神経がすり減る。
とてもじゃないけどポルトガルの道は一人で運転できない。

ライターさんにはナビもしてもらっている。
ミシュランの地図を見ながら道を決めているけど、今回同伴のライターさんは車の運転をしないから道路標識の意味が分からないので、狭い交差点で進入禁止の道に入るように指示されたりする。そんなときは結構慌てる。

もっとも、周囲のヨーロッパ人のドライバーも、やっぱり知らない道を走るときは結構悩んでいるみたいで、ラウンドアバウトや高速道路の合流で、道の真ん中で停まっている車を見かける。そんなほのぼのとした様子に安心したりする。

レンタカーのお陰で、春らしい景色をみつけたら
その場で車を停めて、カメラを持ち出すことができる。

田舎道は静かで、鳥のさえずりと、シャッターの音以外は何も聞こえない。

スポンサーリンク