ヨーロッパの電車は自転車に乗ったまま客が乗ってくる

スペイン

バルセロナのサンツ駅で列車を待っていたら、自転車に乗った男の子が現れた。
「乗った」といってもホームの上では押しているのだが、駅まではペダルを漕いできたに違いない。

ヨーロッパの列車は、ぼくが知る限りどこの国でも自転車を持って電車に乗ることが出来る。ちょっと遠出したいときに便利だね。東京でも、中央線や地下鉄に自転車が持ち込めたら、休日は好きなことろを自転車で走ることが出来るんだけど。

この自転車はミニだけど、普通のサイクリング車を地下鉄内に持ち込んでいる光景をよくみる。ベビーカーも普通に持ち込まれている。周囲の人もそれが当たり前だから気にしない。

スポンサーリンク