アムステルダムの国際空港で、ソニーのカメラの使いにくさを思い出した話

その他

アムステルダムのスキポール空港に到着。

KLMオランダ航空とエールフランスは統合して一つの会社になったものの、機材の運営にはそれぞれの国民性が反映されるから、乗り心地やサービスは結構違う。ぜんたいにKLMの方がスマートな感じ。

空港内にはセルフトランジット機が設置され、ここまでの搭乗券に記載されているバーコードをかざせば、乗り継ぎ便の搭乗口などの情報がプリントされて出てくる。

感心したのは、操作方法が簡単で分かりやすいこと。アップルのiphoneもそうだけど、ユーザーインターフェイスが優れているから「次はどうすればいいか」がすぐに分かる。何の迷いもなく、乗り継ぎ便の情報を確認できた。

これが、成田や羽田のJALのチェックインマシーンだったら、次にどうするのかが大変分かりにくい。日本製の機械は、装置は優れているんだけど、操作方法がこなれていなくて、イライラすることがある。

カメラもそう。ソニーのNEX-6なんていつまでたってもどこに何の機能があるのか覚えられない。

ソニーは、撮像素子の能力は抜群だし、レンズはカールツァイスだし、ハードは文句なく素晴らしいけど、いかんせん操作体系の詰めが甘すぎる。
こういうのも日本の国民性なのかな。

日本は、まだまだヨーロッパに及ばないところがたくさんある。

スポンサーリンク