セゴビア名物の豚の丸焼きはボリュームたっぷり。前菜は少なめに!

スペイン

さて、白雪姫のお城のある町セゴビアの、町の中心はカテドラル。

ヨーロッパの町はどこへいっても大概そうだけど、セゴビアも、どこから見てもカテドラルが一番目立っている。この位置からだとお城は見えないけど。

町の中は普通に賑わっている。

貴族の館の中庭にテーブルが置かれ、かつての宮殿がレストランになっている。

さて、何を食べようか、迷っていたら、カマレロ(給仕)が「セゴビアに来たらこれを食べなければばいけません」とメニューを指さした。それは…..

子豚の丸焼き。
お肉は柔らかくふかふかに焼いてある。皮がパリパリして美味しい。

セゴビアの名物だ。

それにしても量が多くて多くて。

前菜が豆のスープで、スープといっても豆が山盛りで、それだけでもうお腹が一杯になってしまったのに、それからメインの子豚の丸焼きが出てくる。適当に切り分けてくれるんだけど、とにかく量が多い。

食べ過ぎて、結局、夕飯を抜きました。
ああ、苦しい……。

スペイン

Posted by ariga masahiro