ニコン プロサービスの会員を続けるか どうしようか、激しく悩み中

撮影機材

ニコンプロサービスの会費納入のご案内が届いた。

12

さーて、納入しようか、どうしようかー。

ニコンプロサービスは、以前は会費がかなり安かった。ぼくがニコンを主に使っている理由のひとつがNPSの会費が安いというのが隠れた理由だった(そればかりではないよ、もちろん)。

何年か前にライバルメーカーのキヤノンがプロサービスの会費を大幅に値上げしてキヤノンユーザーに激しい動揺を与えたとき、貧しいぼくはニコンユーザーでよかったと心底思ったものだった(笑)。サービスはいいのに会費が安いのだから、ニコンを選んで正解だ。

しかし、安堵したのも数年のことだった。残念なことにその後ニコンはキヤノンの後追いをしてプロサービスの会費を大幅に値上げした。

オートフォーカスのスピードやレンズの描写力向上で競うならともかく、プロサービス会費の値上げ競争なんかしないでほしいなあ。

今回、値上げしてから初めて会費を払うことになる。しかし昨今のぼくは主にマイクロフォーサーズのカメラを使うようになっていて、ニコンの使用頻度が減っている。プロサービスの会員を続ける意味があるだろうか。いい機会だからここらでオリンパスに全面的に乗り換えようか。

なーんて一瞬思ったりするけど、ニコンが本格的ミラーレスカメラをリリースするまではプロサービスの会員を続けて様子をみることにしよう。