一眼レフ用の速写ストラップを自作。 軽くて使いやすいよ

撮影機材

ブラックラピッドの速写ストラップをどこかに置き忘れてきてしまった。新しく買おうかと思ったが、Nikon D7100 + AF-S16-80/F2.8-4 程度の軽量一眼レフ(実測1299g)には肩パッドがあると大げさで邪魔っぽいと以前から思っていたから、シンプルな速写ストラップを自作することにした。

昨夏に作ったマイクロフォーサーズ用の速写ストラップと基本的には同じもの。
あれは幅が15mmと狭くて一眼レフにつかうと肩に食い込んで痛いから、今回は幅広の25mm幅のストラップを作成する。

1)コシがあって柔らかい、ストラップに最適なバンドは東急ハンズで買える。
  ナイロンバンド25mm幅のを160cm。 
  身長173cmのぼくには160cmの長さがちょうどいい。
  値段は160円/m。10cm単位で買えるから256円。
  作成前にあらかじめライターで端をあぶっておけばほつれない。
P1330077

2)プラコキバン 25mm を3個必要。
  袋にプラコキバンと書いてあるけどこの呼び名でいいのか不明。
  一袋に2個入っているから2袋購入する。東急ハンズで計200円。
P1330075

3)速写ストラップに最適なカラビナはハンズでは見つからなかったから、アマゾンで適当なものを探した。ブラックラピッドの中華製パチモンがたったの640円。カラビナだけでなく、ストラップ・肩当て・カメラ取付アクセサリーが揃った速写ストラップそのものだ。
このストラップは写真で見ると充分なクオリティの製品に見えるかもしれないが、実物は価格なりにチーピーな中国製品で、これを肩にかけたらみすぼらしく見えること間違いなし。カラビナだけ残して捨ててしまった。
P1330072

4)本物のブラックラピッドのカメラ側取付具。やっぱり本物は質感がいい。
うちには本物の予備が余っていたからこれを使うことにしたが、アマゾンを探せば中華製パチモンが見つかる。
P1330115

プラコキバンを3個使ってストラップを結ぶ。カメラが腰骨のやや後の上の方に位置するように長さを調整。縫う必要もなく実に簡単。あっという間に完成だ。
P1330090

プラコキバンへの通し方は、俗に言う「ニコン巻き」。
ニコンのサービスセンターにカメラを預けると、ストラップがこう巻き直されて戻ってくることからそう呼ばれているらしい。利点は、絶対に緩まないこと、ストラップの端が内側にくるからハネて邪魔にならないこと。他のメーカーのユーザーでも「ニコン巻き」をしているフォトグラファーは多いと思う。
P1330086

しっかりとカメラの三脚穴に固定した。
P1330102

完成。
色はほかにグレー、青、ブラック、緑などがある。服に合わせてカメラが目立たないように色違いで2本作った。
P1330103 Edit

肩パッドがないから軽快だ。あれはバッグの中でかさばるんだよな。
使い勝手も機動性もなかなかイイよ。
Nikon D5 + AF-S70-200/F2.8 (電池込み公称2955g)のような大型カメラならストラップに肩パッドが必要かもしれないが、フツーのデジ一眼にはこれで充分。価格は締めて1112円ほど。
中華製カラビナの強度は微妙にこころもとない気もするが、アマゾンのレビューを読むと「作りが雑」という意見はあっても「壊れた」がないから当面はこれで大丈夫だろう。

CADEN QUICK STRAP ナイロン製クイックストラップ カメラ用ストラップ シングル ナイロン
送料込み620円前後。なんでこんなに安いんだか。

DigitalSupply ストラップアダプター 1/4インチ三脚ネジ穴用
送料込み単品120円と大変安価。カメラの三脚穴に装着時はぎゅっと強く絞めること。
ストラップアダプター 1/4インチ三脚ネジ穴用 カラビナセット
セットで740円とお安い。これでもいいかも。

スポンサーリンク