海外旅行でもっとも重要なアイテム、貴重品入れを新しく買ったよ

旅行用品

旅先で気をつかうのが貴重品の管理。パスポート、クレジットカード、現金、いずれも紛失したら動きがとれなくなる。どう管理するかは悩ましい。

旅行用貴重品入れのベストはどれか

本来、パスポートはいつも必ず持っていなければならないものだ。そして現金とクレカを、スリのターゲットにならないように肌身離さず持ち歩くために、こんなお腹に巻きつける貴重品入れが売られている。

最近はセキュリティポーチというそうだ。以前は腹巻き式貴重品袋といったかな? それともウエストポーチ式バッグだったかな?

ぼくもバックパッカーをしていた若いころに、どこかでこれの皮製のを買って、肌身離さずにインドや中国を歩いていたものだった。

ウエストポーチの長所は服の下に隠してあるからスリにあいにくいこと。ただしこの長所も、睡眠薬入りコーラを飲んで眠り込んでしまったら盗難を防ぎきれないけどね。そういう人もいたな。

短所は、貴重品をポーチから出す作業が面倒なこと。 軽装な夏はともかく、コートを着る厳冬はそうとうめんどくさい。それにあんまり格好よくない。もっとも、その日に使う現金は別の財布にいれてあるから、人前で頻繁に取り出すわけでもない。貴重品管理としては妥当なアイテムかな。

首かけ式の貴重品袋が流行ったこともある

それから首から下げるタイプもある。

1980年代後半のネパールで、このタイプの民族調の貴重品袋が売られていて、当時のインドやアジアを歩くバックパッカーはみんなそれを首から下げていたものだった。90年代になるといつの間にか廃れてしまったのは、首から貴重品を下げているスタイルが不用心だからだろうかw

いまでも、これらの貴重品袋が旅行用品店で売られているし、通販でも買える。けれど、いま見るとパッとしないなあ。

鍵付き現金鞄はスグレモノだ

さて、かつてユーラシア大陸をローカルバスを乗継いで2年かけて横断した元バックパッカーで、現在はリモワのスーツケースで飛行機に乗って旅をするフォトグラファーのぼくは、貴重品をどう管理しているのだろうか。

それはこれ。鍵つきの現金集金鞄であるw

サンエイ、ダッフル集金鞄SED-1

セキュリティバッグの専門メーカー、三栄が販売している現金集金鞄を、旅行用の貴重品袋にしている。そしてこれをスーツケースのなかに入れて外出することにしている。必要に応じてスーツケースの鍵をさらに閉めるけど、締めないことの方が多い。

バッグにいれて保管するのは、旅の3大貴重品。

  • パスポート
  • 現金
  • 予備のクレジットカード

インドネシアのように1万円札を何枚か両替したら札束がかえってくるような国では特に重宝する。ほかに、日本のSIMカード、スイカもこの鞄に入れている。

パスポートは、身分証明書として必ず所持することが求められる。日本人は無頓着になりがちだが、身分証をもたないということはイコール不審人物ということだ。でもぼくはそこら中にツーリストがいるような国ではホテルに置いておくことが多いけどね。

夜間金庫投入用に使える安全性

集金鞄はダッフルナイロンのしっかりした素材で、夜間金庫投入鞄としても使えるほどの安全性を誇る。シリンダー鍵や南京錠タイプもあるんだけど、今回買ったのは4連式ダイヤル式錠前。

じつは、これまでは同じメーカーの普通の鍵式のバッグを使っていた。しかし先日、鍵をなくしてしまったのだ。鍵をなくしたのはこれが初めてではなくて、6年前くらいに鍵だけ注文したこともあった。それがとうとう、予備も含めてぜんぶなくなっしまった。

そこで買いかえたのがこのダイヤル式錠前バッグ。これなら鍵の管理にも気を遣うことなく気持ちが楽だ。

サンエイ ダッフル集金鞄SED-1の鍵

防犯カバン専門メーカーが開発した特殊ロック機構の最新式ダイヤル式錠前なので安全性は高い。実は、謳い文句の特殊ロック機構がどういうものかぼくは知らないのだが、4連式だと数字の組み合わせは10000通りになるし、第三者にはまず開けることができないだろう。

集金鞄SED-1の鍵のアップ

たっぷり現金が入る。もっとも現代の旅行ではそんなに現金をたくさん持つことはないですけどね。

P5900121

これって本当に安全なのか?

この貴重品の保管方法に対して「鞄ごと持っていかれたらどうすんの」というご意見をよくいただくのだが、普通のホテルでは、貴重品が鞄ごとまるまる持っていかれるような事件はおきない。部屋に入ったホテルのボーイか掃除婦がそんなことをしたら、さすがに大ごとになる。

ホテルの掃除婦たちがよくやるのは、客がレストランで朝食をとっているときに、清掃の振りをして部屋に入り、財布から100ドル札を1枚だけ抜くやり方。1枚だけなら気づかれにくいし、不審に思っても「客の勘違いかも」で済まされる。

しかし鍵付き貴重品入れからお札を1枚だけ抜くことはできない。この方法がいちばん安全だ、とぼくは思っている。なにより、自分の気持ちが楽だ。ぜったいに「1枚だけ抜かれる」ことはないからね。

サンエイ ダッフル集金鞄SED-1を横から見た

セーフティボックスを使わないの?

旅のプロはセーフティボックスを使わない。

なんで使わないかというとだね、パスポートをセーフティボックスに入れたままホテルをチェックアウトして、空港で気がついてあわてて取りに戻った経験をしている人が案外と多いのだ。旅はけっこう疲れるもので、そんなときに普段と違うことをすると、忘れ物の原因になる。ぼくの周囲の人が使わないだけで、世界中みんなそうかどうかは知らないけどさ。

それから、セーフティボックスの鍵が壊れて開かなくなったという話を聞いたことがある。そうなったら、厳重なセーフティボックスはまず開けられない。破壊することも簡単にはできない。飛行機の時刻が迫っていたら大ごとだ。

これまで使っていたバッグに別れを告げる

これまで長きに渡って使っていた鍵式の集金鞄は鮮やかな青色をしていて、気に入っていた。さすがにセキュリティバッグの専門メーカーの鍵だけあって、セキュリティが高い割には開け閉めが簡単で、よい製品だった。

サンエイ ダッフル集金鞄の旧型

もう10年以上この集金鞄をつかっていて、通算たぶん1000日以上はホテルの部屋に置いているけど、なんの被害にあったこともない。これまで貴重品を預かってくれてありがとう。

貴重品袋は色違いのバリエーションがある。赤でもよかったかな。

せっかく新調した貴重品袋なので、これから一生使うつもり。

ブログ内関連記事

スポンサーリンク