ポルトガルで一番おいしいアイスクリーム店の近くに、パリ発のおいしいジェラート店があった

ポルトガルで一番おいしいと評価の高いアイスクリーム屋さん、サンティーニ・ジェラーティは、シアード広場からアウグスタ通りを歩いて突き当たったところにある。

しかし、200m足らずのアウグスタ通りを歩ききる前に、別の感じのいいジェラート屋さんを見つけてしまったので、ついそちらに入ってしまった。日中は暑いからね。目の前のアイスに飛びついてしまったのだ。

それはパリのサンルイ島発祥のイタリアン・ジェラート屋さん、アモリーノAmorinoだった。自然に育てた鶏の卵など高級素材しか使わない、おいしいと評判のチェーン店だ。味だけでなく、店員のお姉さん達の笑顔と愛想も大変よくて、気に入ってしまった。

ここはシングルカップに好きなだけの種類のフレイバーを入れてくれる。好きなだけというからには、何十もあるフレイバーの全部でも入れてくれるのだろうか? しかし、小さなカップに全部の種類を入れたら、ひとつひとつは豆のように小さくなってしまう……。
訊く勇気が無かったので、結局、お姉さんに五つのフレイバーを入れてもらって、それぞれの味を楽しんだ。これはオトク感があって大満足でした。

店の名前 Amorino Baixa
場所はRua Augusta 209

バルセロナにも支店があるそうだから、こんど行ってみたいな。

そして翌日、気を取り直してあらためてサンティーニ・ジェラーティへ行った。
もともとはカスカイス(大西洋の方にある町)にあった小さな店が、リスボンのバイシャにも出店した。良質の果物をふんだんに使ったイタリアン・ジェラートなのだそうだ。

ここのジェラートは本当に絶品。
ぼくは世界中でジェラートを食べているけど、世界でも指折りのおいしさだと思う。

料金先払いで、レジまで長い行列ができているけど混んでいるのはそこまで。レジの先のカウンターではゆっくり選べるから、この方式はなかなかよい。

店の名前 Santini’s Gelati
場所はRua do Carmo 9

ぼくはジェラートが大好き。

特にリモン味が好きで必ず注文する。サンティーニはシングルカップなら種類は2つまで選べるから、リモンとストロベリーを選びました。毎日、おいしいジェラートを食べられて嬉しいな。

バルセロナのアモリーノへ行きました。