もうひとつの東京オリンピック、ニコンvsキヤノン世界最高カメラ決戦

撮影機材

オリンピックでは、スポーツマンたちの戦いとは別に、もうひとつの頂上決戦が毎回繰り広げられている。言わずと知れたニコン対キヤノンのカメラのシェア争いだ。

「プロのカメラはニコン」だった20世紀後半

1950年代まで、オリンピックでプロが使用するカメラはドイツ製レンジファインダーのカメラしかなかった。

精密機器といえばドイツ製の時代だ。レンジファインダーの技術でドイツに太刀打ちできなかったニコンが一眼レフカメラに路線を切り換え、プロ向けの”Nikon F” を発売すると、怒濤の勢いで世界中のプロカメラマンがライカからニコンに移行してきた。これよって『一眼レフの時代』が始まった。

1964年の東京オリンピックの時に “Nikon F” がプロの使用率ほぼ100%を勝ち取って以降、プロユーザーには長い間ニコンのみが使用されていた。

この時代のキヤノンは、一応ラインナップしていた超望遠レンズを装着するとミラー切れがおきるボディーしか作っておらず、アマチュア向けと見なされてプロカメラマンにはまったく相手にされていなかった。キヤノンは「売れるカメラ」しか作らないメーカーなので小さなプロマーケットを軽視していたからだ。 報道用一眼レフカメラといえばニコンしかない時代が、東京オリンピックから30年に渡って続いた。

20世紀末〜21世紀初頭はキヤノン優位に

やがて、キヤノンもプロ市場に対応したカメラを製作し始めた。「プロが使う優れたカメラをアマチュアが倣って買う」というカメラ界の構造に気がついたのだ。

ブランド力が弱かった1970年代は、かけだしで経済力が無い若手に高額機材のCanon F-1とレンズをセットにしてほとんど無料で配るという思いきった手段をとって徐々にプロユーザーをとりこんでいった。クライアントから「ニコンでなくて大丈夫ですか」と言われても、そもそもニコンを買えない若者は動揺しない。当時は写真機材は今よりずっと高価だったからこの作戦は成功を収めた。そして「若者はキヤノン」というイメージをつくりだすという思いがけない効果もあった。

このようなことを書くと「ソースを出せ」と絡んでくる人がいるが、ぼくがキヤノンユーザーの先輩たちから「もらったよ」と直接聞いた話だ。1970年代に20代後半だったカメラマンなら皆知ってる。

キヤノンはテレビカメラに写りやすいスポーツ分野を特に重視し、ロスアンゼルス・オリンピックの公式カメラになることで一般ユーザーのイメージは高められていった。

ニコンの独壇場が完全に破られたのは、1990年代のオートフォーカス時代になってから。もともとAF化が著しく立ち後れていたキヤノンは、従来のFマウントに見切りをつけて、レンズを超音波モーター駆動にしたEFマウントを採用したことにより、一転して注目を集めた。

それにこの時代のニコンは縦割りの弊害で社内の方向性がバラバラだったことから製品のラインナップに魅力が薄くて、徐々にフォトグラファーがニコンからキヤノンへと移っていった。

F5の登場でニコンが優位に

超音波モーターによるAF駆動が好評で、1996年のアトランタオリンピックではキヤノンの方が優位だった。しかし同年秋にニコンが8コマ/秒の高速連写ができるF5を発売すると、キヤノンへの移動は止まった。フィルム時代の当時は、シャッターの動作の間にフィルム給送/停止の物理的動作が入るため、最高級機でも5.5コマ/秒が最速だった。この限界をやすやすと破ったのはニコンが「伝統のFマウント」を採用していたからだ。

ニコンの「レガシーな」Fマウントには、コイルスプリング式の機械式絞り機構がシャッター動作後の復帰パワーが強いというメリットがあり、絞り羽根を高速に動かすことができた。21世紀の現代でも自動小銃の連射機能はコイルスプリングでボルトを高速に動かしているから、アナログな方法のほうが実は高速かつ確実に動作するのだ。

一方、キヤノンがマウント変更時に採用した「先進的な」電子制御式EFマウントは、電力のパワーの限界から小絞り時には連動が遅くなるという弱点があった。

5.5コマと8コマの差は大きかった。その後、EOS-1はモデルチェンジ後にカタログ値の連写速度がニコンを超えたが、実際は小絞り時にはニコンより遅いという欠点は変わることはなく、カタログにも記されていない。また、時代はデジタル化に向けて進み始めたため、フィルムカメラのEOS-1シリーズが連写速度の向上を果たしても話題になることは最早なかった。

デジタル化でキヤノンが優位に

一眼レフカメラのデジタル化の先陣を切ったのは、1999年に発売されたニコンD1。それまで200万円もしていた(にもかかわらず動作が非常に遅かった)デジタル一眼レフを、一気に65万円の低価格で発売して、大好評を博し「デジタル一眼レフならニコン」という評価が数年間続いた。一眼レフの時代も、デジタル一眼レフの時代も、ニコンが切り開いているのだ。

圧倒的なニコン優位だったデジタル一眼レフ市場に転機が訪れたのは2002年。

当時はニコンもキヤノンもフルサイズセンサーを自社開発できなかったが、キヤノンはパナソニックからフルサイズセンサーを調達してEOS-1Dsを発売、大好評を博し、あっという間に多くのプロがニコンからキヤノンへ移行していった。

短期間のうちにニコンとキヤノンの使用率は逆転してしまい、2004年のアテネオリンピック会場では、とうとうニコン1対キヤノン9まで差は開いてしまった。この頃はキヤノンのひとり勝ちで、怒濤の勢いにもうニコンは永遠にキヤノンに追いつけないかも、と思ったものだった。

ふたたびニコンを手にしたプロたち

しかし、2007年に桁外れな高感度性能を誇るフルサイズセンサーを搭載したデジタル一眼レフ Nikon D3が発売されると、カメラ界に天地がひっくり返るほどの激震が走り、プロユーザーのキヤノンからニコンへの逆流が始まった。

翌年の北京オリンピック会場では早くもニコン4対キヤノン6程度まで変化した。キヤノンが20年かけてニコンから奪ったプロフェッショナルユーザーたちの半分近くがわずか1年でニコンに戻ってしまった。いかにD3が凄いカメラだったかが分かる。

2012年のロンドンオリンピックでは、両社とも同年発売の最新機種を投入している。ニコンD4対キヤノンEOS-1DXだ。

「もうひとつの頂上決戦」はどちらが勝者となったろうか。

2012年、ロンドンオリンピックの勝利者は

2012年8月8日の朝日新聞デジタルによると『ニコンの伊藤純一副社長は8日、決算発表の会見で「ロンドンでは6対4でニコンが逆転した。会場によっては7対3だった」と話した。』それに対してキヤノンは『同日、広報が「我々が優勢だ」とコメントし、ニコンが公表した内容に真っ向から反発した。』とのことで、両者は互いに自社の優位を主張している。

記事をよく読むと、ニコン側は具体的な数字を挙げているのに対して、キヤノン側は「我々が優勢だ」とイメージを主張してるだけであり、どちらかというとニコンの主張に説得力を感じる。

また、同日の読売オンラインによれば『今回は「キヤノンがやや優勢との見方もあるが、ほぼ拮抗している」(業界関係者)。』だそうだ。ただし同ページに掲載されている報道席の写真を見るとどう見てもニコン使用者の方が多い。写真と本文がチグハグだ。

ところで、ニコンもキヤノンも現場でプロユーザーの数を数えているそうだ。それをなぜ各新聞社もしないのだろうか。毎回記事として取り上げている話題だし、記者を現場に配置しているのだから、フォトグラファー席の全体写真を撮って黒と白(ニコンレンズとキヤノンレンズ)を数えて発表すればよいのではないか。肝心の所をボカした記事は政治や原発関連でよく見かけるが、報道に求められるのは各陣営の「大本営発表」をそのまま伝えることではなく、第三者の視点から見た現場の様子を世間に伝えることだろう。

ま、いちいち白黒つけるほどのものでもないのかも、ね。

2016年、リオ オリンピックでは

<2016年8月追記>リオ オリンピックでは、Nikon D5Canon EOS-1DX MarkIIの戦いとなった。どちらが優位かみな興味津々。カメラ好きは競技トラックよりも報道席を注目している。

ちなみにリオ オリンピックの公式カメラもまたキヤノン。

公式カメラとは、大会の公式記録に使われるカメラのこと。これはキヤノンがオリンピック委員会に高額な使用料を払って五輪ロゴの独占使用権を得たということで、カメラの性能とは無関係。一業種一スポンサーだから他メーカーはオリンピックの商標を使うことは一切できない。

他メーカーは、商標どころか、SNSで「オリンピック」という言葉をツィットすることもできないほどブランド管理は厳しいそうだ。

というわけで報道カメラマンが使う機材は、公式カメラとは関係がない。カメラマンは純粋に性能で機材を選んでいる(あと予算とね)。 とくにフリーランスのフォトグラファーは性能を重視するし、ふところ具合がアレなんで費用対効果をチェックする視線も厳しい。

さて、今回のリオ オリンピックでも、ニコンとキヤノンの両メーカー共に勝利宣言をした。 このツィッターをみると微妙にキヤノン使用者の方が多いけれど。

高感度の性能はニコンの方が高いから屋内競技ではニコンが好まれるなど、競技によって強いメーカーが偏るから一枚の写真だけではなんともいえない。全種目を通すと五分五分というか、戦線はほぼ膠着状態になっているようにも見えた。

というのは、すでに両社ともにカメラの性能がものすごく高くなり、ニコンとキヤノンのどちらを使ってもほとんどの撮影に十分に対応できるようになった。どちらかが一部の機能でより高性能だったとしても総合的にはほぼ同等なので、わざわざ費用をかけて乗り換えるカメラマンが少なくなってしまったようだ。

Sponsored Links

2020年は再び東京オリンピック

前回1964年の東京オリンピックはニコン使用者がほぼ100%だった。ニコンはライバル不在だった。が、2020年はどうなっているだろうか。

もしかしたらソニーがミラーレスカメラで食い込んでくるかもね。ソニーは2018年の平昌冬季オリンピックで、会場近くにプロサービスを出店していたから、どうやら本気のようだ。

プロを本気でサポートするならプロサービスの出店は欠かせない。実はオリンパスのプロサービスもリオに行っていた。「本気でやってる」ことをアピールしている。

というわけで、東京オリンピックのバトルがどうなるか、今から楽しみだ。

スポンサーリンク